お知らせ

滋賀県で解体工事の費用について

解体 工事 の費用の計算方法とは?

 

 

 

1・床面積(平米及び坪数)

 

床面積を計算を行い、平米・坪単価をかけて計算いたします。

 

2・木造・鉄骨造・RC造などにより坪単価は変わります。

 

基本的にどの造りが安いなどはありませんが、最新住宅は建材が多いため金額が高くなる場合がございます。

 

3・車両制限による金額の変動

 

基本的に4トンベースによる見積もりが基本になります。

4トン〉2トン〉軽トラ〉人力という風に変動いたしまします。

 

4・解体業者を選ぶポイント

 

滋賀県内で解体工事業業者は100社ほどございます。

地域ごとの業者に複数相見積もりをして頂くのが最善であると考えます。

 

5・解体業者紹介サイトは?

 

最近、無料で解体工事業者を紹介するサイト(キュレーションサイト)が増えています。

とても便利です。ただし、基本的に無料紹介サイトは解体工事が成約した際にサイト運営会社へ10%~20%支払うことになっているので、結果的に工事金額が高騰するという問題をよく聞きます。※弊社も受けることがございますが、基本的に辞退しています。

 

6・家を解体する許可などは?

 

解体工事業許可・産業廃棄物収集運搬業許可という滋賀県知事による許認可がございます。

滋賀県のホームページでも確認できますので、依頼される前に必ずご確認ください。

 

 

 

滋賀県で解体工事のことなら「湖北サイト株式会社」へお任せください。

湖北サイト株式会社へのお問合せはコチラ

東近江解体工事サイト株式会社はコチラ

彦根金属買取のサイトメタルはコチラ

 


滋賀県 愛荘町 解体工事着工しました。解体工事金額記載

滋賀県愛荘町にて平屋の建物の解体工事を着工致しました。

建物が3棟あり、道幅や敷地も広く解体難易度は高くない物件です。

解体工事の見積もりの際に道幅や敷地も金額が変動する要素になります。

 

解体工事金額

1棟目:15万(税別)

2棟目:22万(税別)

3棟目:40万(税別)

になります。

解体工事自体にかかる工期は3~4日になります。

 

滋賀県で解体工事のことなら「湖北サイト株式会社」へお任せください。

湖北サイト株式会社へのお問合せはコチラ

東近江解体工事サイト株式会社はコチラ

彦根金属買取のサイトメタルはコチラ

 


彦根金属買取サイトメタルを立ち上げました。

いつもお世話になっております。

この度、関係会社の協力のもと、解体工事撤去工事に大きく付帯するサービス内容といたしまして

鉄屑金属非鉄金属の買取会社、

 

彦根金属買取サイトメタル

の荷受けヤードを開設いたしました。

 

地域の貢献とお客様へのサービス向上を目的とし、より一層精進してまいります。

引き続きのご愛顧、お引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

東近江解体工事サイト株式会社能登川支店のホームページはコチラ

彦根金属買取サイトメタルのホームページはコチラ


東近江解体工事サイト能登川支店を立ち上げました。

いつもお世話になっております。

この度、湖北解体工事サイト株式会社はお客様のご依頼の多かった東近江市能登川支店を4月3日に開設いたしました。

 

これまで以上に、皆様にご満足いただける工事を提供していけるよう精進してまいります。

引き続きのご愛顧、お引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

東近江解体工事サイト株式会社能登川支店のホームページはコチラ

彦根金属買取サイトメタルのホームページはコチラ


平成30年8月15日より法人化いたします

これまで個人事業として活動してきた「解体ヨコカワ」ですが、平成30年8月15日をもって株式会社として活動させていただくこととなりました。
新社名は「サイト株式会社」となります。

これまで以上に、皆様にご満足いただける工事を提供していけるよう精進してまいります。
引き続きのご愛顧、お引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


施工のご依頼以外の、勧誘、営業のお電話はお控えください。

こんにちは、湖北で解体工事を営んでいる、サイト株式会社です!

ひとつお知らせごとがあるのですが、

当ホームページはお客様のお住まいのお悩みを解決出来ればという主旨で立ち上げましたので、
施工以外の、勧誘、営業のお電話はお控えいただくようお願い致します。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


湖北で解体工事なら「サイト株式会社」にお任せを!

建て替えや改築の際、住宅メーカーや、建設会社に解体工事を依頼してはいませんか?

住宅やビルを建てるのにプロがいるように、解体工事にも当然プロがいます。
住宅メーカーや建設会社に解体を依頼した場合は、下請けの解体工事業者が施工を担当することがほとんど。
そうすると、中間マージンなどの余分な費用もかさんできてしまいますので、解体は解体工事専門の業者へ、分離発注されるのがオススメです。