外壁塗装

■耐久性・防水性に差をつける。外壁塗装で建物の寿命をアップします

365日、建物を厳しい日差しや降り注ぐ雨水、激しい気温差から守っているのが”外壁塗装”。
日本の住宅に何十年と長い期間住み続けていられるのも、外壁塗装が著しく発展を遂げてきたおかげです。

そんな外壁塗装も、日々劣化していきますので、前回の塗装工事から10~15年が経過するようなら、そろそろ塗り替えが必要な時期。
外壁にひび割れや塗装の剥がれ、手で触ると白い粉が付く、といった症状が発生している場合は、すぐに当社までご連絡ください。

塗装工事は、ただ塗料を塗ればいい、というわけにはいきません。
建物の状況に合わせた施工の工夫や、最適な塗料選びが実現してこそ、初めて塗装の効果が最大限に発揮されるもの。

培ってきた確かな技術で、耐久性・防水性を確実に高める外壁塗装をいたします。

無料見積もりはコチラ

 

■こんな症状はありませんか?

外壁の塗り替え目安は7~10年ごとと言われています。
しかし、立地条件や施工法、建材によっては塗装の寿命が早まる場合も。

家の外壁を一度チェックしてみてください。以下のような症状を発見したら、塗り替え時期が来ています。

◎壁のひび割れ

一見何事もないように見える壁でも、よく見ると無数のひびが入っていることが。ひびが入ると、そこから建物の中に水が入り、構造体を腐らせる原因になります。

◎壁をさわると白い粉がつく

1日のうち、1番長く日が当たる壁にさわってみましょう。白い粉がつくのは塗料が劣化し、粉状になっているため。外壁を保護する力が失われています。

◎コケ、藻が生えている

湿気の多い場所や、日当たりの悪い場所を確かめてみてください。この現象が起きていれば、すでに塗料の防水効果が切れていると推測できます。

◎コーキングが切れたり、ひびが入っている

コーキングとは壁の隙間を埋める目地材のことです。奥に引っ込んで見える場合も要注意!建物への水の浸入を許し、劣化や腐食の原因になってしまいます。

一覧ページに戻る