基礎工事

■住宅建設に確かな土台を。確実に基盤を固める基礎工事

建設会社様やハウスメーカー様からの造成工事・基礎工事のご依頼も、当社で承ります。

後々出来上がる住宅の”質を決める”といっても過言ではないのが、土台を固める基礎工事。
基礎にわずかでもズレが生じていたり、地盤の弱い部分があれば、家は傾きや沈みを引き起こし、せっかくの施工も台無しになってしまいます。
特に地震大国の日本では家の強度は重要な要素。
耐震性を売りにしている建設業者様が多い中、お客様が寄せる期待も、大きくなっていることでしょう。

それを充分に理解しているからこそ、私達は仕上がりに一切妥協はいたしません。
より強固な基盤をつくるべく、地盤調査に基づいた適正な施工を実施。
敷地図・配置図に合わせて、高さにズレのない正確な基礎にいたします。

木造・鉄骨造双方に対応しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

無料見積もりはコチラ

 

■基礎工事のポイント

最も大事な構造体の工事ですので、基礎づくりには細心の注意を払っています。 一般的な住宅の場合は、ベタ基礎と布基礎の2種類の工法があり、土地の状況によって使い分けて工事を行います。

◎ ベタ基礎

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作る基礎です。
地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことが可能。
また、軟弱地盤の場合は杭打ち工事や柱状改良工事などを施し、その上でベタ基礎を行えば、安全な家を建てることができます。
木造家屋でも基礎部分は鉄筋コンクリート造とし、床下の防湿対策を兼ねたつくりになっています。

◎ 布基礎

布基礎は、建物の土台や壁を支える工法で、幅12~15cm、高さ30~60cmくらいの、逆T字型の鉄筋コンクリートのことです。
ログハウスや倉庫などは、布基礎の方が主流です。
特に、基礎の深さに関して「凍結深度」という規定がある寒冷地では、今も主流で用いられています。

一覧ページに戻る